愛車にガラスコーティング ボディコーティング 千葉県柏市

当店は千葉県市原市に店舗を持つガラスコーティングをメインに、ボディコーティング、手洗い洗車、カーフィルム、車内クリーニングなどを行っているカーディテイリングのプロショップです。
館山自動車道、姉崎袖ヶ浦ICから降りてすぐという来店しやすい立地から、市原市近郊だけでなく、千葉県内全域のお客様からも多くご利用いただいております。

新車や中古車の美観を維持するガラスコーティングやボディコーティング、カーフィルム等のサービスをご検討中の千葉県柏市エリアのお客様は是非とも当店をご利用下さいませ。

プロの車磨きとコーティングで愛車が完全回復

オートディテイリングサービスのサービスの最大の特徴は車磨きやコーティングだけでなく、後の洗車やメンテナンスなども充実しております。

ただ愛車にコーティングしただけでは愛車のコンディションを維持することは出来ません。

優しい手洗い洗車で日々汚れを洗い流し、定期的に傷んだコーティングをメンテナンス剤で補修することで 愛車の真の輝きは保たれます。

是非とも当店の洗車メンテナンスサービスもご利用下さい。

店舗へは少し距離がある場合は洗車用品(Slash.Jpanブランド)の販売も行っておりますので、是非とも当店のカーケアアイテムを日々の手洗い洗車、カーケアにお役立て下さいませ。

​当店お勧めガラスコーティングはウェルムガラスコーティング

超耐久性被膜 -シリカ成分95%以上

従来の有機溶剤系コーティングでは酸化劣化を防げない難点がありましたが、 完全無機高分子シリカ被膜を形成するガラスコーティングですので、長期間耐久が可能になりました。また他社製ガラスコーティングとは画一的にシリカ成分の含有量が95%~98%と違いますので、圧倒的な耐久性を誇ります。言わばスーパーガラスコーティングです。また通常の汚れは左図のように、シリカ被膜の上に乗っている状態ですので手洗い洗車にて簡単に落とせます。

超撥水性-水滴すら残さない!

シロキサン結合(-Si-O-Si-)に無溶剤フッソ樹脂をバインダーに用いていますので、従来にはない流れるような超撥水を実現しました。塗装面に水滴を残さずシリカスケールがつきにくい超撥水状態になります

フッソ樹脂バインダー

耐紫外線性能のほか、耐油性・耐薬品性・耐熱性・耐酸性に優れ水垢を寄せ付けません。普段のお手入れも手洗い洗車をして頂くだけで、通常の汚れは簡単に落とせます。
シロキサン結合(-Si-O-Si-)に無溶剤フッソ樹脂をバインダーに用いていますので、 高硬度で緻密な完全無機高分子シリカ被膜を形成します。

Si:珪素(無機元素) 
O:酸素
F:無溶剤フッ素オリゴマー

卓越した硬度・膜圧・深みのある光沢

従来の有機溶剤系コーティングや珪素系フッソコーティングと比べて、卓越した硬度と膜圧がありますので、傷が付きにくく、いつまでも美しさを保ちます。

通常の塗装面から比較すると、しっとりと深みのある輝きで、艶が1ランクアップします。圧倒的な艶と輝きでボディーをガード します。

ディーラーオプションのカーコーティング、ガソリンスタンドで安売りしているカーコーティング、本当に効果はあるの?
コーティングを施行したから洗車をしなくて良いわけではありません。
施工時の美観を維持するためには、日ごろの洗車、定期的なメンテナンスを施工店と二人三脚で行ってこそ数年後でも変わらぬ美観を保てる物です。
施工して終わりのディーラー、中古車販売店、ガソリンスタンドなどとは違い、当店は数年後の愛車を美しい状態に保てるようにサポート出来るカーディテイリング専門店です。


新車や中古車の美観を維持するガラスコーティングやボディコーティングのサービスをご検討中の千葉県柏市エリアのお客様は是非とも当店にご相談下さいませ。

柏市(かしわし)は、千葉県の北西部に位置する市。中核市に指定されている。

業務核都市で、柏駅を中心とした柏商圏を形成する商業中心都市。健康都市連合加盟都市[2]。環境未来都市、総合特区に指定され、スマートシティの先駆けとなっている。

人口は約43万人で、千葉県内では松戸市に次いで約6万人の差で第5位の人口規模であるが、商圏人口は16市3町の237万人(2016年度調査)に及ぶ。首都圏のベッドタウンである。

江戸時代には水戸街道の宿場町である小金宿と我孫子宿の中間に位置する小さな集落であった。1896年の常磐線柏駅開業により柏の発展が始まった。ただし本格的な住宅地開発が始まるのは常磐線が電化された戦後からである。大正時代の北総鉄道(現在の東武野田線〈アーバンパークライン〉)開通により柏駅は交通の結節点となった。

1960年代より東京のベッドタウンとして開発が進み、多くの森や農地が大規模な団地などへと転用され、人口は急激に増加した。乗降客数の増加に対応するため、国鉄は通勤五方面作戦にて常磐線の複々線化を行った。柏駅は70年代に日本初のペデストリアンデッキが建設されたことで知られ、そごう、髙島屋、丸井などの百貨店をはじめ多くの商業施設が進出し、遠く茨城県、埼玉県からも買い物客を集めた。1980年代以降は柏駅周辺に若者向けの商業施設が次々と開店し、千葉県の商都船橋市と並ぶ東葛地域(旧:東葛飾郡北部)随一の商業拠点となった。JR柏駅の乗降客数は、つくばエクスプレスが開業するまで千葉県内で第1位であった。商圏人口は約237万人。

近年では新通勤五方面作戦で提示された計画を継承して開業した首都圏新都市鉄道つくばエクスプレス沿線のほか、東武野田線(アーバンパークライン)沿線などでは、新興住宅地の開発が加速し、東京都区部へのアクセスの良さからも、大規模マンションや住宅街が林立し、商業施設の充実、整備された公共施設、自然豊富な住環境が整っている。買って住みたい街においても、首都圏第5位を記録するなど定住を目的としたファミリー層を中心に支持を受けている。柏の葉キャンパス駅周辺には研究・教育施設が集約し、公共団体・企業・大学が連携して国際学術都市、次世代環境都市構想が進行している。

市中央部は東武アーバンパークライン・JR常磐線、国道6号・国道16号が交差する交通の要衝となっている。市北部はつくばエクスプレスが通り、大学、研究所、産学連携施設などが置かれ、文教地区としての顔を持つ柏の葉地域が中心となっている。また、高齢化率が40%を超える豊四季台団地では柏市と東京大学、UR都市機構の三者による共同プロジェクトが始まり、これを皮切りにした超高齢化・長寿社会に対する一連の対策は「柏プロジェクト」としてしばしば話題となっている。

TotalCarCareProfessionalService

Copyright © AUTO DETAILING SERVICE. All Rights Reserved.