愛車にガラスコーティング ボディコーティング 千葉県成田市

当店は千葉県市原市に店舗を持つガラスコーティングをメインに、ボディコーティング、手洗い洗車、カーフィルム、車内クリーニングなどを行っているカーディテイリングのプロショップです。
館山自動車道、姉崎袖ヶ浦ICから降りてすぐという来店しやすい立地から、市原市近郊だけでなく、千葉県内全域のお客様からも多くご利用いただいております。

新車や中古車の美観を維持するガラスコーティングやボディコーティング、カーフィルム等のサービスをご検討中の千葉県成田市エリアのお客様は是非とも当店をご利用下さいませ。

プロの車磨きとコーティングで愛車が完全回復

オートディテイリングサービスのサービスの最大の特徴は車磨きやコーティングだけでなく、後の洗車やメンテナンスなども充実しております。

ただ愛車にコーティングしただけでは愛車のコンディションを維持することは出来ません。

優しい手洗い洗車で日々汚れを洗い流し、定期的に傷んだコーティングをメンテナンス剤で補修することで 愛車の真の輝きは保たれます。

是非とも当店の洗車メンテナンスサービスもご利用下さい。

店舗へは少し距離がある場合は洗車用品(Slash.Jpanブランド)の販売も行っておりますので、是非とも当店のカーケアアイテムを日々の手洗い洗車、カーケアにお役立て下さいませ。

DSC04114111.jpg
45EE10BA-BE2E-4E2E-99CA-FCB.jpg
18175070893005171.jpg

​当店お勧めガラスコーティングはウェルムガラスコーティング

超耐久性被膜 -シリカ成分95%以上

p_layer (1).gif

従来の有機溶剤系コーティングでは酸化劣化を防げない難点がありましたが、 完全無機高分子シリカ被膜を形成するガラスコーティングですので、長期間耐久が可能になりました。また他社製ガラスコーティングとは画一的にシリカ成分の含有量が95%~98%と違いますので、圧倒的な耐久性を誇ります。言わばスーパーガラスコーティングです。また通常の汚れは左図のように、シリカ被膜の上に乗っている状態ですので手洗い洗車にて簡単に落とせます。

超撥水性-水滴すら残さない!

p_water.jpg

シロキサン結合(-Si-O-Si-)に無溶剤フッソ樹脂をバインダーに用いていますので、従来にはない流れるような超撥水を実現しました。塗装面に水滴を残さずシリカスケールがつきにくい超撥水状態になります

フッソ樹脂バインダー

耐紫外線性能のほか、耐油性・耐薬品性・耐熱性・耐酸性に優れ水垢を寄せ付けません。普段のお手入れも手洗い洗車をして頂くだけで、通常の汚れは簡単に落とせます。
シロキサン結合(-Si-O-Si-)に無溶剤フッソ樹脂をバインダーに用いていますので、 高硬度で緻密な完全無機高分子シリカ被膜を形成します。

p_mecha.gif

Si:珪素(無機元素) 
O:酸素
F:無溶剤フッ素オリゴマー

卓越した硬度・膜圧・深みのある光沢

従来の有機溶剤系コーティングや珪素系フッソコーティングと比べて、卓越した硬度と膜圧がありますので、傷が付きにくく、いつまでも美しさを保ちます。

通常の塗装面から比較すると、しっとりと深みのある輝きで、艶が1ランクアップします。圧倒的な艶と輝きでボディーをガード します。

ディーラーオプションのカーコーティング、ガソリンスタンドで安売りしているカーコーティング、本当に効果はあるの?
コーティングを施行したから洗車をしなくて良いわけではありません。
施工時の美観を維持するためには、日ごろの洗車、定期的なメンテナンスを施工店と二人三脚で行ってこそ数年後でも変わらぬ美観を保てる物です。
施工して終わりのディーラー、中古車販売店、ガソリンスタンドなどとは違い、当店は数年後の愛車を美しい状態に保てるようにサポート出来るカーディテイリング専門店です。


新車や中古車の美観を維持するガラスコーティングやボディコーティングのサービスをご検討中の千葉県成田市エリアのお客様は是非とも当店にご相談下さいませ。

成田市(なりたし)は、千葉県の北部中央に位置する市。

印旛地域にある業務核都市で、成田都市圏の中心都市であり、成田商圏を形成する商業中心都市。国家戦略特区、構造改革特区、国際観光モデル地区、国際会議観光都市および拠点空港都市。財政力指数は日本全国813市区中第4位であり、門前町の歴史的町並みは日本遺産に認定されている。

国際線旅客数および貿易額日本最大の国際拠点空港である成田国際空港を有する国際ビジネス・イノベーションの拠点空港都市である。初詣の寺院参拝客数日本一の成田山新勝寺(成田参詣)などで知られており、市の観光入込客数は推計で約1319万人、宿泊客数は約308万人を記録する日本屈指の観光都市でもある。

訪日観光客がよく利用する所謂「ゴールデンルート」と称される関西国際空港 - 大阪 - 京都 - 名古屋 - 富士山 - 箱根 - 東京 - 成田 - 成田国際空港(またはその逆)訪日観光コース上の拠点(宿泊・周辺観光)となっている。また、観光庁による広域観光周遊ルート形成促進事業の広域関東周遊ルート「東京圏大回廊」においても江戸回廊ルートとして組み込まれている。

古くから成田山新勝寺、宗吾霊堂の二大霊場を有する門前町として栄えた。明治時代には宮内庁下総御料牧場が置かれるなど、1950年代まで観光と農業の振興を二大施策とした純農村型都市であった。1960年代に入ると市の南東部に成田国際空港の建設が決定され、1978年(昭和53年)の空港開港や日本の高度経済成長期(1954年 - 1973年)とともに成田市の市域が拡大し、経済発展の影響から産業構造に多大な変化がもたらされる事になる。現在では農業人口は減少し都市近郊農業型へと転換している。その反面、ゴルフ場や空港関連のサービス業など第三次産業が生まれ、新たな雇用が創出された。また観光面にも力を入れており、成田山新勝寺では正月三が日だけで270万人(非公式)、年間4000万人(成田市推計)ともいわれる参拝客で賑わう。

成田空港における航空機の騒音であるが、成田市街地からは離れた丘陵部に位置しているため、航空機の騒音被害を殆ど受けない地域も多い。航空機の騒音被害を受けるのは、空港の滑走路周辺と航路直下である。空港用地の大部分は成田市に属するため、固定資産税などの関連税収は成田市に入ることが多く、財政の豊かさは全国有数である。しかし、空港用地の一部がかかる芝山町などの被害は見過ごされがちであるのに対し、空港利益を独り占めしているという批判もある。現在、地域と共生する空港づくり掲げ、航空需要の増大に従う騒音問題などに向き合っている。

1986年(昭和61年)には東京一極集中の回避を目的とする業務核都市に指定され、千葉県からは千葉新産業三角構想の中核都市として位置付けられている。国の構造改革特別区域法に基づき2003年(平成15年)4月21日に国際空港特区、同年5月23日には国際教育推進特区に認定された。2006年(平成18年)3月27日、香取郡下総町、大栄町を吸収編入した。

東洋経済新報社による「安心度」「利便度」「快適度」「富裕度」の4つの観点から住みやすい都市を評価する「住みよさランキング」では、2009年度全国総合1位の評価を受けている。また、通勤圏を考慮した新方式では東京都稲城市に次いで2位の評価を受けている。